微酸性電解水の活躍

誰でも簡単!快適生活-Apiaシリーズ-
微酸性電解水
とは?
こんなところ
で活躍
テストレ
ポート
各殺菌水
との比較
Q&A 設置例

微酸性電解水はこんなところで活躍します!

インフルエンザ対策や、消臭効果に効果抜群!
通常の風邪ウイルスの感染経路は、手から手による接触感染による頻度が高いと言われています。しかし、インフルエンザウイルスは、感染者の咳やくしゃみなどを介して感染する飛沫感染が主です。飛沫感染とは、咳やくしゃみなどに含まれるウイルスが空気中に浮遊して感染するものです。そこで、菌やウイルスを退治する”微酸性電解水”を市販の加湿器に入れ使用したり、空中に噴霧することにより、浮遊する細菌やウイルスを除去し室内環境を常にクリーンに保つことができ、インフルエンザ対策に最適です。

また微酸性電解水は消臭効果も、抜群です!清潔にしておきたいところ、消臭をしたいところに直接、微酸性電解水をかけてください。細菌を死滅させるだけではなく、細菌が原因となるイヤな臭いも同時に取り除きます。微酸性電解水は、殺菌や消臭により有効成分は消失し、普通の水になります。残留成分がないので環境に優しく安心です。そのため、室内の雑菌・消臭、タバコの脱臭など、あらゆる所にご利用いただけます。
インフルエンザ対策や、消臭にぜひ微酸性電解水をお使いください。
保育園にて微酸性電解水生成装置
「Apiamini」で生成した水を加湿器に入
れ消臭に使用しています。
(市販の加湿器、噴霧器でご使用される場合はご相談ください)

インフルエンザ対策にも使用。
こちらの焼肉店ではカットキャベツの洗浄
殺菌に「Apia210」を使用しています
ところてん工場にて微酸性電解水の
使用。「AP-600T」
有機肥料工場 脱臭、消臭実施例
微酸性電解水噴霧によるアンモニア(NH3)
臭気分子は高速で空気中に移動しています。微細な微酸性電解水の主成分である次亜塩素酸と悪臭などが接触することにより無害物質に変化し消臭をします。
微酸性電解水は安全性が高いことで
2002年6月10日に厚生労働省から「食品添加物」として認可されましたので人や動物のいる場所でも安心して消臭・除菌目的で噴霧することができます。
「空中浮遊菌・インフルエンザウイルス・ノロウイルス」などの不活性化をする対策として病院などでも使用されています。
養鶏舎の消臭に微酸性電解水を噴霧

微酸性電解水を噴霧することによって
鶏糞臭などを効果的に消臭しています
「AP-600ユニット」を使用
食品工場、製造タンクの除菌
洗浄に微酸性電解水の使用。
「AP-600T」
食品工場、調理器具他の除菌
洗浄に微酸性電解水の使用。
ノロウイルスイルス対策に!!
「AP-600T」
飲食店にて「アピアQ」使用。

ビルの冷却水に微酸性電解水を使用
微酸性電解水使用前
微酸性電解水使用後
学校、保育園、家庭での
インフルエンンサ対策、かぜの予防
手指の除菌による
食中毒、O-157の予防
食材の殺菌による食中毒、
O-157の予防
室内空気の清浄化、加湿
による集団汚染の予防
お部屋の消臭に
普通の水のような殺菌水。味や臭いがほとんどなく細菌・カビ菌・ウイルスにすばやく
除菌・殺菌効果を示します。食品の調理器具の除菌、ノロウイルス対策など様々な用途に
使用できる水。それが微酸性電解水です。
食品の殺菌に・・・ 冷蔵庫内の除菌に・・・ お部屋の消臭に・・・
食中毒予防、感染症予防、インフルエンザ対策、消臭に欠かせない微酸性電解水!!

試験ウイルス 対象 log TCID50/ml
開始時 30分後
インフルエンザウイルス 検体 6.7 <1.5
対象 6.7 6.5
※試験依頼機関:財団法人日本食品分析センター
TCID50:median tissue culture infectious dose, 50%組織培養感染量
    *   作用液1ml当たりのTCID50の対数値
開始時 : 保存開始直後の対象のTCID50の対数値
   ※   検体 微酸性電解水
   ※   対象 精製水
   ※   保存温度 室温

<1.5 : 検出せず
ウイルス浮遊液 : 精製水で10倍に希釈したもの
インフルエンザウイルス殺滅効果が示唆されています。
インフルエンザ対策に使用可能。
日本微酸性電解水協会による発表(よくわかる微酸性電解水)
広がる微酸性電解水 その1(動画) その2(動画)